幼稚園・小学校受験の対策はディスカバリー出版の右脳教育も万全、通信幼児教育問題集におまかせください。

小学校受験
通信幼児教育・問題集販売のディスカバリー出版
コンテンツ
幼児教育のご案内
通信販売
IQ教育&EQ教育って何?
ご入会の流れ
よくあるご質問
お問合せ

トップページ>>IQ教育&EQ教育って何?

IQって何?EQって何?

IQって何?

知能指数(IQ)は、次の式で計算することができます。
知能指数=精神年齢/生活年齢×100
知能テストは何歳であっても必ず平均が100になるように統計的に作られていますので、年齢が大きくなるにつれ、知能指数も伸びるというものではありません。知能指数は特別な環境の変化が無い限り、余り変動しません。

知能指数(IQ)は伸ばせるの?

筋肉を鍛える適齢期
筋肉を鍛える適齢期
頭脳を鍛える適齢期
頭脳を鍛える適齢期

はい、大きく伸ばせます。
中学生や高校生の時期に部活で一生懸命汗を流すと、引き締まった体に筋骨隆々とした体型になります。 それは、どうしてでしょうか?
・・・それは、筋肉が発達する時期に大いに鍛えた結果に他なりません。
脳重量の変化しかし、ここで強調したいのは、適切な時期に適切なトレーニングをするということです。

では、知能指数においてはどうでしょうか。もちろん、適切な時期があります。右のグラフを見ていただければ一目瞭然ですが、一番脳重量が増えているのは0歳から10歳の間ですね。なかでも、0歳〜5歳のカーブは急激です。およそ、この期間に脳重量は成人の80%ぐらいに増大します。知能を司っているのは脳細胞ですから、筋肉同様、脳細胞もその発達する時期に鍛えれば、普通に発達する以上に発達するのです。ですから、最も成長する幼児期にこそ脳細胞によい刺激を与えて、知能を伸ばしてあげなければならないといえます。

ただ、ここで大切なことは、単にIQに役立つ詰め込み式の学習を幼児期にしても自閉症傾向のお子様に育ってしまったり、自己中心的なお子様になったりする可能性があるということです。ですから、IQ教育と同時にEQ教育もしっかりとお子様に施す必要があります。
弊社では、IQEQメソッドという教育プログラムに則って指導して参ります。

知能指数(IQ)を伸ばすには?

人間が本来生まれつき持っている模倣や知的探究心を利用し、考える為の教材(問題集・通信教育)を使って考えさせる知能幼児教育を行います。反復して学習プログラムをこなしていく中で、しっかりと考える力を習得することが出来ます。

ディスカバリー出版では、この知能指数(IQ)向上の為、2歳〜年長児向け通信教育や問題集で、年齢に応じた知能幼児教育を行います。


ディスカバリー出版の通信教育
ディスカバリー出版の通信教育について詳しくはコチラ
ディスカバリー出版の問題集
ディスカバリー出版の問題集について詳しくはコチラ

EQって何?

IQ(知能指数)に対して「こころ(感情)の知能指数」と呼ばれるEQ(Emotionally Intelligence Quotient)は、感情を上手に管理し利用することで、「前向き」な感情を生み出すことを主眼としています。自分の「今の感情の状態」を認識し、それをコントロールすることができれば、自分にとって適切な行動を取ることができます。
また、相手の「今の感情の状態」を認識することができて、相手に対して配慮できる言動をとることができれば、対人コミュニケーションをうまく保つことができるようにす。

実は今、教育の現場で、そして社会人教育にもこのEQというのが非常に重要視されています。当然、人格形成にとって非常に重要な幼児期においてこのEQ教育が重要なことは言うまでもありません。

EQとは開発できる能力なの?

人のあらゆる行動は「感情」に影響を受けています。また同時に、行動することで「感情」を変えることができます。わたしたちは誰でも行動にクセを持っていますが、この多くは感情のクセから出たものです。行動を意識して習慣づけることができれば、マイナスに左右しがちな感情のクセをプラスに変えることができるのです。

EQ教育

そのために必要なのは、感情のクセを矯正するための「型」を知ることです。
武道や茶道などには基本となる型があり、繰り返すことで基本の型が身につき、それに自分のスタイルやオリジナリティが生まれてきます。感情もそれと同様に、型を身につけて、何度も繰り返すことで、習慣化することが大切です。

その為にディスカバリー出版では、小学校受験で頻出する「話の絵画化」や「折り紙」「工作」、「指示行動」、「面接の練習」といった課題をこなしていく中で、幼児期に求められる型を身につけていきます。ここでいう幼児期に求められる型とは
1.先生の話をしっかりと聞いて、作業が出来る
2.お話を聞いて、その場面のお絵かきが出来る
3.折り紙、お絵かきなどで色彩豊かに、自分の感情が表現できる
4.面接時に、しっかりと相手の目を見て、姿勢正しくお話が出来る

等の事が挙げられます。

ディスカバリー出版では、この「こころ(感情)の知能指数」向上の為、2歳〜年長児向け通信教育の中で、年齢に応じたEQ教育を行います。

ディスカバリー出版の通信教育
ディスカバリー出版の通信教育について詳しくはこちら
体験版幼児テストをお申込みの方は今すぐこちらをクリック!